Dot Jibun WordPress コラム

Google AdSense 合格後の警告にふるえる sellers.jsonファイルの公開について

個人での公開は慎重な対応をおすすめします

こんにちは。娘たちにすまない父(@sorrydaughters)です。

前回はads.txt ファイルの問題を3Stepで修正する方法を紹介しました。

今回はおそらくads.txtの問題と同時に警告が出ていると思われるsellers.jsonファイルの公開についての解説となります。

 

 

Google sellers.json ファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。[アカウント設定]ページで、現在の公開設定のステータスをご確認ください。

 

sellers.jsonファイル = あなたの身元の確かさ


ads.txtの対応では、あなたのサイトに掲載される広告の透明性を証明しました。

Google AdSense 合格後の警告にふるえる ads.txt ファイルの問題について

ads.txt ファイルの問題は簡単に修正可能です こんにちは。娘たちにすまない父(@sorrydaughters)です。 Google AdSenseの審査に ...

続きを見る

 

本記事で解説するsellers.jsonファイルとは、Google AdSenseに出稿する広告主に対して、サイトのオーナーであるあなた自身の身元の健全性を証明してくれるものとなります。

それはつまり、今回のメッセージに従ってsellers.jsonファイルを公開すると、あなたの広告枠に興味のある広告主が手順を踏むことで、あなたの本名が公開される状態になるということでもあります。

 

サイト上で誰もが閲覧可能な状態というわけではありません。

 

ads.txtとあわせて対応することで、自身のサイトにおける広告運用が健全であることの証明ができます。

ただし、個人の方は上記の本名が閲覧可能である状態を踏まえて、抵抗があるようでしたら対応はよく考えたほうが良いでしょう。

メッセージの文面にもあるように、あくまでも対応をおすすめされているだけなので、しばらく様子見でも問題はないでしょう。

法人アカウントであれば閲覧可能となるのは会社名なので、公開におけるデメリットはないと考えます。

 

閲覧可能になる名前?

 

Google AdSenseの申請時に登録した名前となりますので、個人の方は本名で登録されているのではないでしょうか。下記の方法で確認ができます。

 

Google AdSense【お支払い】の設定から[設定を管理する]

 

 

【お支払い】のお支払いプロファイルの[名前と住所]を確認する。

 

ちなみに私自身は特に問題がないと判断して、現在sellers.jsonファイルを公開しています。

 

sellers.jsonファイル の公開方法

 

【アカウント】の[アカウント情報]内の販売者情報の公開設定

  1. 非機密のチェックボックスをonに。
  2. ビジネスのドメイン欄へ自身のドメインを記載。

その際、「www」や「https://」などは不要です。

 

まとめましょう

ads.txt ファイルの問題は広告の透明性を証明するためでリスクもなく修正がおすすめです。

sellers.jsonファイルの公開についてはあなた自身の身元の確かさを証明することにはなりますが、広告主に対して本名まで公開される可能性を踏まえて判断したほうが良さそうです。

いずれも必ず対応をしなければいけないものではありません。が、対応することでサイトの広告運営の健全性をアピールすることになるため、そのメリットをどう捉えるかで対応を決められて問題ないと思います。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

娘たちにすまない父

静岡県浜松市在住。組織で働けないことにようやく気がついた'77年生まれの43歳。
小さな娘達に悪いなぁと思いつつ、好き放題やらせてもらっている父の雑記。
個人事業主として生きていくことをノリで決めました。Dot Jibun代表

-Dot Jibun, WordPress, コラム
-, ,

Copyright © 娘たちよすまぬ , All Rights Reserved.