AFFIGNER5 WordPress

「このサイトで目にする画像は、悪意のあるユーザーによって差し替えられたものである可能性があります。」の対処方法

まずためすこと

※環境:WordPress にて外観のテーマはAFFIGNER5(親・子)を使用。

こんにちは。RIDERS HIGH管理人(@sorrydaughters)です。

このブログを開始した際にSSL化をし忘れていたため、この辺にうとい私でもなんとなく問題がありそうだと、あわててSSL化を進めました。

参考記事:経験者直伝!WordPressをトラブルなくhttps化する方法と注意点

ひとしきり作業は終えたつもりだったのですが、ふとブラウザ(chorome)のアドレスバーに目をやると、左端に「保護されていない通信」の記述がありました。iマークをクリックすると下図のような警告が。SSL化できてない・・・。

サイトへの接続が保護されていないとなると、閲覧してもらうのもなんとなく不安にさせてしまいますよね。

普段はあまり気にかけていなかったのですが、なんとなく見慣れないこの表記に関して調べると、サイトを構成するソース内にhttp://の記述が残ったままだと、この状態になるとのことでした。

Googleデベロッパーツールで該当箇所の特定をし、WordPress のプラグイン「Search Regex」でhttp://の記述をhttps://へ書き換えます。作業は下記のサイトを参考に行いました。

参考記事:WordPressサイトを常時SSL化する手順とエラーの解決方法

参考記事:アドレスバーに「このサイトへの接続は完全には保護されていません」と表示された時の解決法

ほとんどの方がこの作業で警告が消えてSSL化が完了するようです。

しかし私のサイトから「保護されていない通信」が消えることはありませんでした。

次にためすこと


こうなってくると、初心者の私はどんどん追い込まれてしまいます。せっかくのブログも健全ではないと宣告されると、自身の精神も健全ではいられません。あらためて自身の行った作業を思い返します。

Googleデベロッパーツールで検出したエラーの原因は、確かに画像のリンク先のurlが「http://」のままでした。なので私はWordPress にアップロードした該当画像を完全に消去しました。

それでも依然Googleデベロッパーツールで同じエラーを検出し続ける・・・
いったん更地にしてしまい、一から作りなおすという苦行を選ぼうか・・・

「・・・依然Googleデベロッパーツールで同じエラーを検出し続ける・・・!?」

もしかしてと思い、使用しているテーマAFFIGNER5の親テーマをいったん適用し、子テーマで行ったのと同様にWordPress のプラグイン「Search Regex」http://の記述をhttps://へ書き換えを行いました。

どうやらこれが功をそうしたようで、私のサイトは無事SSL化ができました。

テーマが親子あるもので、親テーマへの対処は盲点かもしれません。今回の原因はすごく初歩的なつまらないものかもしれませんが、検索してもなかなか出てこなかったため、私と同じ条件でSSL化につまづかれた方のお役に立てればと思います。

最後に

こうして自分で体験してみると、他のサイトではSSL化がされているかいないか?をわりと気にしてみるようになりました。意外と(?)SSL化について書かれた記事がSSL化がされていなかったりと、なかなか面白かったです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

RIDERS HIGH管理人

'77年生まれの43歳。静岡県浜松市でかみさんにグチグチ言われながら、バイクや車載動画などを撮影しています。

主な使用機材
・SONY HDR-AS300
・ZOOM H2n

ご依頼あればバイクの走行動画を制作いたします。
静岡県浜松市近郊でご興味のある方はぜひお問い合わせからお願いします。

-AFFIGNER5, WordPress

Copyright © RIDERS HIGH , All Rights Reserved.