Dot Jibun WordPress コラム

ブログ初心者こそ書くときに考えたいこと

読者のみやすさに気を配る

最近ブログの記事について考える。

基本好きなことを書いても良いと考えている。

ただ、自分なりにすげぇニッチではあるが有益な情報(HDR-AS300のレンズフィルターブラケットとか)も公開しているつもりなので、できれば読んでもらいたい。

だから目次を設置しようと考えた。

これまでの記事は目次を意識せずに書いてきたので適応外だ。

これからは目次を設置していく

そもそも文字数を気にして書いた文章のすべてが読まれるわけではない。必要な部分だけかいつまんで読んでいるはずだ。自分がそうだから。

それはブログに限らず実店舗だってそうだ。

「いらっしゃいませ」でお客が帰るのは?

弱小ブログだが来てもらった人たちのみやすさは大切にしたい。
そもそも弱小ブログだからこそ気にかけるべきだろう。

弱小ブログからせめて読まれるブログへのステップアップのために。

ブログも実社会も一緒でしょ?

技術営業としての経験から、お客様に好かれる営業とは?的な視点で考える。

とにかく不用意に相手の時間を奪わないことが重要だ。ビジネスメールっだってブログだって一緒。そのために最短で目標の情報にたどり着いてもらう配慮が必要だ。

これはブログに限らずどんな仕事でも相手から喜ばれる配慮だと言える。

ただビジネスとは違って、多少自分本位の熱意を持って記事を書いていると、案外文字数がいってしまう。

他者には不要に思えてしまう文章も、じゃあごっそり削れるか?と言われると、なんか自分の情熱がそれを良しとはしない。ブラッシュアップは必要だが、言わんとしていることそのものを削れない自分がいるわけで。

じゃあどうするかと言えば、せめてナビとして目次を付けてあげるべきだ。

みやすい、その配慮があるあなたのブログにはファンが定着すると思いますよ

目次を設置しよう

・目次の配置はtopに近いほうがいい
⇨スクロールでtopに一発で戻れたときに目次があると便利だ
⇨読者が必要な情報にだけ到達しやすい

・目次を意識すると記事も書きやすい
⇨文章の構成が明確になるので書きやすい
⇨書きやすいと作業が習慣化しやすい

WordPressでブログを書かれている方なら、簡単に目次を設置できるプラグインがオススメだ。

そのなかでも現状断然おすすめのプラグインは「Easy Table of Contents」だ。

検索すると定番の「Table of Contents Plus」の記事がおおく出てくるようだが更新が止まっている。私も実際に入れてみて不具合が見られた。

ツイート

その点「Easy Table of Contents」は前述の不具合もなく、最新のWordPressでも使えている。

なによりも記事ごとの目次のありなしを記事の編集画面で選択できるので、記事ごとに選別のコードを記載するなどの手間が発生しないのが素晴らしい。

見た目のカスタマイズのCSSも検索すればかなりの数でてくるのでより自分のブログにマッチした外観に換装しやすい。

あ、あと設定メニューが日本語表記対応なのもおお助かりだ。

記事の書式をテンプレート化してしまう。

Word Pressにはテンプレート機能がある。目次を想定した型を作成して、毎回それを編集する。

⇨型にはめる。定形コンテンツは他者と差別されやすく読者に認知されやすい
⇨さーて来週は?でじゃんけんをすればサザエさん。ちびまる子ちゃんではない。

⇨描くたびに悩まなくて済む
⇨記事の執筆に集中できる。

 

 

まとめ

自分のブログはこの型でいくと決めてしまい、あとは記事の執筆に集中する。そうすると記事を書くのが楽になる。楽しくなる。楽しくなるとガンガン記事が増えていくという好循環。

するとブログは成長し、あなたの記事がより多くのファンによまれるというそんな将来。たとえニッチでも。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

娘たちにすまない父

静岡県浜松市在住。組織で働けないことにようやく気がついた'77年生まれの43歳。
小さな娘達に悪いなぁと思いつつ、好き放題やらせてもらっている父の雑記。
個人事業主として生きていくことをノリで決めました。Dot Jibun代表

-Dot Jibun, WordPress, コラム
-,

Copyright © 娘たちよすまぬ , All Rights Reserved.