RIDERS HIGH 動画

転倒したバイクのカウルを修理するなら

格安の社外品を買ってみました。

こんにちは。娘たちにすまない父(@sorrydaughters)です。

SUZUKIのGSX-R750(’08黒)モデルに乗っています。近場の峠やツーリング、サーキット走行で幅広く楽しんでいます。

でも、先日サーキットで転倒し、TOP画像のとおり左側のカウルを大きく損傷させてしまいました。悲しいことこの上なしです。

 

 

タンクは凹みませんでしたが、ハートとお小遣い制のお財布が凹みました。

他にもハンドルが曲がったり、オイルカバーが削れてしまったりと、いろいろ修理が必要になりました。

でも、これらは走行をする上で必要な機能部品となるのでそもそも修理は必須です。信頼や安心を買う意味でも、極力純正や同等品質の社外品でおしみなく対応しました。

ただカウルなどの外装部品に関しては・・・どうすか?

 

 

外装部品の修理で考えられる対応パターン

  • 破損部品だけ交換。色やグラフィックの不一致は気にしない。
  • 破損部品だけ交換。その際は純正部品で破損前の状態に復元したい。
  • 破損箇所だけ交換だと色味や劣化の差異が気になるから純正で全部交換。
  • 破損箇所だけ交換だと色味や劣化の差異が気になるから社外で全部交換。

 

格安の社外品を選んだ理由

 

おどろくほど安い!!

パーツリストを持っていなければ「https://www.cmsnl.com/」は便利だ。

そのまんまです。これにつきます。修理にも予算があるんです。純正だと左側のサイドカウルだけで28,000円近くかかります。外装を純正で一式揃えた日にゃウン十万はしかねません。

 

どうせまた転ぶしな。
すまない父

 

 

新品で安価に部品を揃えるなら

たとえばAmazonで「gsx-r750 中華カウル」等で検索してみます。

すると大体50,000円前後で外装一式のセットが見つかります。

これなら破損した箇所以外も一気に交換できるので、色味や劣化の具合の違いが気になりません。

ただ、ちょっと派手目なデザインが気になります。大人の事情で、まんま純正はさすがにつくれないのでしょう。

 

 中古品で安価に部品を揃えるなら

たとえばYahooオークションで「gsx-r750 カウル」等で検索してみます。パーツ単体からずらっと出品がされています。

新品にこだわらず、色味や劣化の具合の違いも気にならなければ、より安価に部品を準備できるかもしれません。

ただ、必要な部品が全部揃うまで結構根気のいる選択肢にはなりそうです。

 

気分転換が期待できる!!

走行に支障がなければそこまで細かいことは気にしないのですが、それでも取り付けが終わった自身のバイクを見た時にはむしろ「かっけぇ!!」と大満足という嬉しい結果になりました。

選ぶ外装によってはいままでの印象が一変するので、あたかも新車を購入した時の高揚感すら覚えます。

転倒の精神的なダメージも、外観イメージが一変することでトラウマにならずに済むかもしれません。

 

格安の社外品を選んで気になったこと

というわけで、格安の社外品に満足しています。なので、外装を換装したい人には選択肢としてオススメではあります。

ただ、やはり事前に気にしておくとあとで困らないポイントもあります。

 

取り付けはストレートに行かないかも・・・

これは純正ではないが故のリスクとして想定をしておいたほうが良いと思います。

 

安いには理由がある!
すまない父

 

実際に私が購入したものも、取り付けに関しては少なからず手を入れてもらってます。とはいっても致命的なレベルではなく、わかる人がさわればどうにでも解決ができる問題で済みました。

ご自身で取り付けを行うなら、一定の知識や工具が必要になるでしょう。

 

部品が到着するまで心配・・・

ネットショップで購入すればついてまわる心配ですが、純正のメーカーからではなく、普段から買ったこともないお店だとなおさらです。

 

取り付け作業をお願いできるショップがあると安心です。

いかがでしたでしょうか。

格安社外のカウルセットでも、運良く良心的な購入先を見つけられ、取り付けをお願いできるショップがあれば、純正を自分で取り付けるよりも安価に修復することができます。

新品の外装部品で外観ががらりと変わったので、新車で購入したかのような新鮮な気持ちにも戻れます。

結果論ですが、この気分転換で外装を気軽に変えられると、自分のバイクへの愛着が上書きされました。
すまない父

今回のカウルの修復にあたり、やはり日頃から付き合いのある信頼できるショップがあるということが安心につながることを痛感しました。

この記事をきっかけに、カウルを修復したい時の選択肢のひとつとして「社外の格安セット」も検討してもらえると幸いです。

それではまた別の記事で!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

娘たちにすまない父

静岡県浜松市在住。組織で働けないことにようやく気がついた'77年生まれの43歳。
小さな娘達に悪いなぁと思いつつ、好き放題やらせてもらっている父の雑記。
個人事業主として生きていくことをノリで決めました。Dot Jibun代表

-RIDERS HIGH, 動画
-, , , ,

Copyright © 娘たちよすまぬ , All Rights Reserved.